スポーツ速報

主に2Chの話題の野球、サッカー、他スポ-ツ関連記事などまとめています。 お気に入りの記事をお探し下さい。 このサイトが良いと思ったらフォローお願い致します。

棋士


藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、日本の将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝の新記録(29連勝)を樹立した。その後、五段を除く昇…
299キロバイト (37,482 語) - 2024年4月19日 (金) 18:35

(出典 www.sponichi.co.jp)


藤井聡太八冠、17連勝ならずという結果になってしまいましたね。

1 @シャチ ★ 警備員[Lv.12][苗] :2024/04/20(土) 20:39:35.23 ID:h4Tg3rpP9
将棋の叡王戦第2局で藤井聡太八冠が伊藤匠七段に破れ、タイトル戦の最多連勝記録には届きませんでした。

 「叡王戦」五番勝負の第2局は挑戦者の伊藤七段の先手で石川県加賀市で20日午前9時に始まりました。

 藤井八冠は20日の対局に勝てばタイトル戦17連勝の大記録に並びましたが、87手で挑戦者の伊藤七段が勝利し、タイトル戦での連勝はストップしました。

 今月7日に行われた第1局は藤井八冠が勝っていて、対戦成績は1勝1敗と並びました。

 お互いにタイトル獲得に王手がかかる叡王戦の第3局は来月2日に名古屋市で行われる予定です。

テレビ朝日
https://news.yahoo.co.jp/articles/6086a1e19a3129af19823888c18a41374b6a4ea2

【【衝撃】藤井聡太八冠、タイトル戦最多記録更新を逃す】の続きを読む


藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、日本の将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝の新記録(29連勝)を樹立した。その後、五段を除く昇…
295キロバイト (37,141 語) - 2024年2月8日 (木) 22:50
58年ぶりの新記録樹立ということで、本当に藤井聡太王将の才能には驚かされます。

1 愛の戦士 ★ :2024/02/08(木) 19:10:05.13 ID:2av8/bj89
AbemaTimes 2/8(木) 17:52

藤井聡太王将
 将棋の藤井聡太王将(竜王、名人、王位、叡王、王座、棋王、棋聖、21)が2月7・8の両日に行われた「囲碁将棋チャンネル 第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局で、挑戦者の菅井竜也八段(31)に勝利し防衛3連覇を達成した。シリーズ成績は4勝0敗。この防衛により、大山康晴十五世名人を超すタイトル戦20連勝の新記録を樹立。藤井王将は2020年のタイトル戦初登場以来、一度も敗退することなく大記録を更新することとなった。

 2023年10月の史上初・八冠制覇からわずか4カ月。藤井王将がまたもや金字塔を打ち立てた。本シリーズの防衛により、藤井王将は故・大山康晴十五世名人が1963年の第22期名人戦から66年の第25期名人戦までに樹立したタイトル戦19連勝の記録を58年ぶりに更新し歴代単独1位の20連勝を達成。藤井王将は初めてのタイトル戦登場となった2020年第91期ヒューリック杯棋聖戦の戴冠以来、防衛・挑戦で一度も敗退することなく大偉業を達成してみせた。

 終局後、藤井王将は「そのことは意識はしていなかったですし、棋王戦も開幕しているので、そういったこと(記録など)は意識せず引き続き前を向いてやっていきたい」とコメントした。

 決着局となった本局は、後手の菅井八段が「三間飛車」を志向。力将棋となった一局で藤井王将が序盤から圧巻の構想力を披露した。広い視野と柔軟な発想でペースを握ると、立体的ながら無理のない自然な手を重ねてリードを拡大。中盤で突き放すと菅井八段の力を封じるように制圧、勝ちへとつなげた。対抗形シリーズとして注目を集めた今期の七番勝負は、藤井王将がはじめて王将位を獲得した東京・立川市でV3を達成。八冠達成後タイトル戦無敗記録を継続し、無傷の4連勝を飾ってシリーズを閉幕させた。

 藤井王将は現在、同学年の伊藤匠七段(21)を挑戦者に迎えた棋王戦コナミグループ杯五番勝負にも臨んでいる。第1局は持将棋となったため、2月24日に石川県金沢市で予定されている第2局でシリーズ先勝を飾るのはどちらか、大きな注目を集めることになる。さらに、今週末の10日には連覇と通算5度目の優勝を目指す朝日杯将棋オープン戦の準決勝・決勝も控えている。息つく間もなく次なる戦いの舞台へ。藤井王将の躍進はどこまでも止まらない。

 ◆藤井 聡太(ふじい・そうた) 2002年7月19日、愛知県瀬戸市出身。中学2年生時の2016年10月に史上最年少で四段昇段、史上5人目の中学生棋士となる。2020年度の第91期棋聖戦でタイトル初挑戦。渡辺明棋聖(当時)を破り、17歳11カ月で最年少タイトルホルダーとなった。以降獲得と防衛を重ねて、竜王3期、名人1期、王位4期、叡王3期、王座1期、棋王1期、王将3期、棋聖4期の通算20期。棋戦優勝は10回。2023年度は第81期名人位の獲得により、20歳10カ月で最年少名人と史上2人目の七冠獲得を同時達成。さらに初挑戦した第71期王座戦五番勝負を制し、前人未踏の「八冠独占」を達成した。趣味は鉄道、チェス。
(ABEMA/将棋チャンネルより)
(写真提供:日本将棋連盟)

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/fb51c3409efef3426d988460ab75e2ff15d31e04&preview=auto

【【朗希】藤井聡太「あの人」を超えた】の続きを読む


福間 香奈(ふくま かな、旧姓表記では里見 香奈、さとみ かな、1992年3月2日 - )は、日本将棋連盟(関西本部)所属の女流棋士。森雞二九段門下。女流棋士番号は33。島根県出雲市出身。島根県立大社高等学校卒業。結婚を機に2024年から福間姓で活動。 父と後に小学生将棋名人戦の県代表となる兄が将…
84キロバイト (9,675 語) - 2024年1月1日 (月) 16:35
今年かr

29 名無しさん@恐縮です :2024/01/01(月) 17:30:37.51 ID:d9z+wVXl0
>>8
何でみんなお直しするのかな?
これでも可愛いと思うけど

【【朗報】里見香奈女流4冠 結婚発表】の続きを読む

このページのトップヘ