スポーツ速報

主に2Chの話題の野球、サッカー、他スポ-ツ関連記事などまとめています。 お気に入りの記事をお探し下さい。 このサイトが良いと思ったらフォローお願い致します。

人物


大谷翔平のサムネイル
大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
354キロバイト (49,782 語) - 2024年5月17日 (金) 10:47
田中真美子のサムネイル
トルの髙田(高田)静))が含まれています(詳細)。 田中 真美子(たなか まみこ、1996年12月11日 - )は、日本の元女子バスケットボール選手である。ポジションはセンター。東京都出身。 兄はラグビー選手の田中真一。夫はプロ野球選手の大谷翔平。 東京成徳大学高校卒業後早稲田大学に進み、3年時にユ…
5キロバイト (407 語) - 2024年5月17日 (金) 06:33

(出典 www.yurikago-blogu.com)


始球式はファンや子どもたちにとっては特別なイベントだから

1 愛の戦士 ★ :2024/05/17(金) 16:50:18.02 ID:XKfGnQ/e9.net
Full-Count
5/17(金) 14:17

大谷の“ボブルヘッドデー”…始球式は13歳のアルバートくんが務める
■レッズ 7ー2 ドジャース(日本時間17日・ロサンゼルス)

 ドジャース・大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地でのレッズ戦後に取材に応じ、同戦での真美子夫人の始球式を断っていたことを明かした。自身の首振り人形が配布される「ボブルヘッドデー」ということで、球団から提案されたというが「光栄なことですけど、本人(真美子夫人)と話して、野球が好きな子どもだったり、あまり試合に観にこない子どもだったりとか、そっちの方がいいんじゃないかと思って決めました」と話した。

 この日、計4万人に大谷のボブルヘッドが配布された。ドジャース移籍後、大谷グッズが配布されるのは初めてで、開門前から多くのファンが列を作った。

 始球式は13歳のアルバート・リーくんが務めた。生まれて3日で心臓病が判明し、複数回の手術を乗り越えてきた。試合前に大谷はサプライズでアルバートくんに始球式を務めることを伝え、捕手役を担った。スイートルームでの観戦やサイン入りグッズもプレゼントした。「もちろんそれで喜んでくれたら嬉しいですし、何より勝てたら一番良かったんですけど、明日また見るかもしれないですし、勝てるように頑張りたい」と話した。

 試合では、初回無死一塁の第1打席では、ブレンド・スーター投手から四球を選んで出塁。直後に一塁牽制が左ふくらはぎの裏に直撃するアクシデントもあったが、直後に今季11個目の盗塁を成功させて不安を感じさせなかった。

 3回2*第2打席は元日本ハムのニック・マルティネス投手と対戦し捕邪飛、6回1*第3打席はマルティネスのチェンジアップにバットが空を切り、空振り三振に倒れた。7点ビハインドで迎えた9回無死一塁の第4打席では、代打を送られ途中交代。2打数無安打1四球で打率は.360、OPS1.099となっている。

 スタジアムには今季のメジャー最多を更新する5万3527人が入場した。「素晴らしい取り組みでしたし、選手冥利に尽きるというか。本当に壮観で、プレーしていて素晴らしい瞬間だったと思います」と振り返った。

Full-Count編集部
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/0d61369e1de43c1031cae6f39885dd5cd866b0d7&preview=auto

【【驚愕】大谷が真美子夫人の始球式断っていた】の続きを読む


水原 一平(みずはら いっぺい、1984年12月31日 - )は、日本の元通訳者及びアメリカの元通訳者である。大谷翔平の専属通訳として、2017年から2024年まで大谷のメディア出演やチームメイトとの交流の際に日英・英日の通訳を務めたことで知られる。 6歳まで北海道苫小牧市で過ごし、1991年に和…
29キロバイト (4,026 語) - 2024年5月13日 (月) 14:00

(出典 quick-timez.com)


水原一平容疑者の自宅前に段ボールがあるのは、偶然とは思えないです。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/15(水) 17:52:58.36 ID:MqhV/kJS9.net
《大谷翔平がスポンサー契約》「お~いお茶」の段ボールが水原一平容疑者の自宅前にあった理由「水原は“大谷ブランド”を日常的に利用していた」
2024.05.15 16:30  NEWSポストセブン

 ドジャースの大谷翔平(29)は4月30日、日本の飲料水メーカー・伊藤園の「お~いお茶」とグローバル契約を締結したと発表。「お~いお茶」といえば4月上旬、大谷の元通訳・水原一平容疑者(39)が住むカリフォルニアの自宅前に「お~いお茶」のペットボトルが詰まった段ボールが置かれているのを、ノンフィクションライターの水谷竹秀氏が目撃していた。大谷のスポンサー企業との窓口としても活動していた水原容疑者は、「大谷ブランド」を日常的に利用していたのだろうか──。

 違法賭博関与および大谷の口座から無断で総額1600万ドル(約24億円)以上を流用していたことが判明し、4月上旬、銀行詐欺の疑いで訴追を受けた水原容疑者。同氏のトラブルの影響など関係ないかのように、大谷はその後もスポンサー企業との契約締結を続けている。

 4月30日の「お~いお茶」とのグローバル契約の一週間前には、各種スポーツの測定分析機器を扱う「ラプソード社」ともテクノロジーアンバサダーとして長期契約を結んでいた。大谷を取材する在米ジャーナリストが語る。

「一時は大谷選手も違法賭博に関与していたのではないかと疑われていましたが、スポンサー側からの信頼は揺らがなかった。もともと契約していたスポンサー企業も、今回の騒動の中で撤退した社はありませんでした。

 一方、水原氏は大谷選手の“側近”として、メディアの取材やスポンサーの窓口業務も担っていた。例えば1月に大谷選手が『KONAMI野球ゲームアンバサダー』に就任した際には、CM撮影に水原氏も帯同。各社からも信用される存在だったようです」

 他にも大谷はスポーツシューズブランド・ニューバランスや、ファッションブランド・BOSSなど、多くのブランドと契約している。そんな大谷の窓口役を担っていた水原容疑者には、多くの商品が提供されていたようだ。

「大谷選手はニューバランスやBOSSのアイテムを愛用していますが、水原氏も同じ“大谷ブランド”のシャツやパーカー、時計を身につけ利用している姿が日常的に見られていました。大谷のドジャース入団会見では、大谷がスポンサー契約しているグランドセイコーの腕時計をつけていた」(同前)

昨夏から水原容疑者が「お~いお茶」を愛飲

 そのなかで、今回の「お~いお茶」との契約締結。実は大谷がまだエンゼルスに所属していた昨年あたりから、水原氏がベンチで「お~いお茶」を飲む姿が度々目撃されていたという。

「ファンの間でも、昨年夏頃から〈ベンチに居る一平さんが「お~いお茶」を持ってる〉〈エンゼルスのベンチでお~いお茶のペットボトル飲んでる一平ちゃん〉などと話題になっていました。水原氏は昨年、オールスターゲームのベンチにもお~いお茶を持ち込んでいたようです。日本企業の商品が大リーグ中継のカメラに映ることは珍しいですからね。

『ラプソード社』に関してはもともと大谷選手が顧客で、そこからスポンサー契約の話に繋がったそうです。今回の『お~いお茶』も、中継に商品が映るのを見た伊藤園側からのオファーだったのかもしれません」(同前)

 ノンフィクションライターの水谷氏は、4月12日に水原容疑者が出廷する2日ほど前、自宅前にペットボトルの「お~いお茶」が詰まった段ボールが届いているのを目撃していた。

 他スポンサーの商品と同様、大谷と契約した社の商品は水原容疑者にも自動的に提供されていたのだろうか。伊藤園に聞くと、「大谷選手とのアンバサダー契約は2024年4月30日であり、昨年(2023年)に提供したことはございません」(広報部)との回答だった。

「大谷選手とともにメディアに登場することが多かった水原氏も、大谷選手ほどではないにしろ広告塔の役割を担っていたのかもしれません。もちろん、それは各社が大谷選手を信頼していたからこそ。“オマケ”の水原氏がやらかしてしまっても、大谷選手の信頼が損なわれなかったことだけは救いです」(在米ジャーナリスト)

 水原容疑者は日本時間5月15日、罪状認否に臨んだばかり。数週間から数か月後に判決が出ると見られ、注目が集まっている。

https://www.news-postseven.com/archives/20240515_1963155.html?DETAIL

(出典 www.news-postseven.com)


(出典 www.news-postseven.com)

【【画像あり】水原一平の自宅前にお~いお茶の段ボールが】の続きを読む


ロサンゼルス・ドジャース(英語: Los Angeles Dodgers、略称: LAD、ド軍)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州ロサンゼルスにあるドジャー・スタジアム。日本語圏では英語発音に合わせて「ドジャーズ」とにごることもある。…
77キロバイト (9,601 語) - 2024年4月17日 (水) 12:55

(出典 banana-antenna.com)


食事会で最も年俸が高い選手の妻が全額支払うというのは、なかなかユニークですね。

1 ネギうどん ★ :2024/05/13(月) 15:24:30.59 ID:NxodI4sg9
 今シーズン、史上最高額でドジャースに移籍し、好調をキープする大谷翔平(29才)。5月3日には、本拠地のドジャースタジアムで開催されたチャリティーイベントに真美子夫人(27才)とともに出席。ふたりの左手薬指には指輪がキラリと輝き、多くのメディアがカメラを向けた。

 イベントでは、大谷の上着のシワをさりげなく引っ張って伸ばす様子が好感を持って報じられた真美子さん。そんな彼女が今後参加することになるのが、「Doder Wives(ドジャー・ワイ*)」と呼ばれるドジャースの「奥さま会」だ。活動の目的は慈善活動と、チームの家族間の親睦を深め、結束力を高めることだ。

「1年の初めのキャンプ時にミーティングが開かれ、1年間のイベントの打ち合わせを行うようです。慈善活動では低所得者層向け住宅の外壁のペンキ塗りや炊き出し、オークションの開催などを行っています。ドジャースはチャリティーに熱心な球団で、奥さま会の活動も非常に活発です」(在米ジャーナリスト)

 イベント以外にも頻繁に行われる食事会には、奥さま会ならではの習わしがあるという。

「参加者のなかで最も年俸が高い選手の妻が、食事代を全額支払うんです。何人参加していようが、どんなに高級なお店だろうが関係なく、黙って全員分払うのが『高給取り選手妻』の役目。飛び交う会話もリッチで、時に夫の活躍によって厳しいマウンティングもあるといいます」(現地特派員)

 大谷は史上最高額となる7億ドル(契約時のレートで約1015億円)で契約を結んでおり、食事会の費用を真美子夫人が支払う可能性が高い。彼女は新米ながら、否が応でも中心選手の妻としての振る舞いが求められることになるのだ。

「真美子さんのなかで自覚は芽生え始めていると思います。3月に韓国での開幕戦を終えた際に撮られた奥さま会の集合写真では、遠慮がちに最後列に立っていましたが、今回のイベントでは最前列にいましたから。

 しかしそこで何よりも必要なのは語学力です。これまで真美子さんに留学経験や海外在住経験はなく、英語力は未知数です。イベントではテオスカー・ヘルナンデス選手の妻と通訳なしで楽しそうに会話していましたからまったく話せないわけではなさそうですが、円滑な人間関係を築くために必要なスキルともいわれるジョークが言えるようになるまでには数年かかると思います」(前出・現地特派員)

 奥さま会に慣れれば「真美子カラー」を表に出すかもしれない。

「かつてドジャースでプレーした前田健太投手(36才)の妻、早穂さん(38才)は、1年目を終え『もっとガンガン前に出ないと』と思ったそうで、存在感や華やかさを出すためにあるときから奥さま会に着物で行くようにしたとか。いまは控えめな真美子さんも次第に奥さま会の雰囲気に染まり、目を引くファッションになっていくのではないでしょうか」(前出・現地特派員)

続きはソースで
https://www.news-postseven.com/archives/20240510_1962147.html?DETAIL


(出典 www.news-postseven.com)

【奥さま会の食事代は最も年俸が高い選手の妻”が全額支払いwww 】の続きを読む

このページのトップヘ