札幌新陽高等学校(さっぽろしんようこうとうがっこう)は、北海道札幌市南区にある私立高等学校である。学校法人札幌慈恵学園が運営している(全日制普通科)。 1958年 - 札幌商業高等学校の教員だった荒井龍雄によって、札幌慈恵女子高等学校として開校。 1987年 - 札幌新陽高等学校と改称。男女共学となる。…
3キロバイト (212 語) - 2023年11月6日 (月) 09:34

(出典 tatefuda.shibatotsuchi.com)


意識不明から7か月余り

1 Egg ★ :2023/12/16(土) 19:52:24.24ID:a3hGT+Lo9
女子野球部員が倒れた“打撃ケージ”の下敷き、意識不明から7か月余り…札幌新陽高校の第三者委が調査結果「コの字型で安定のケージが一直線になったため、倒れた。顧問3人の管理体制も不足」


写真 倒れたバッティングケージ、下敷きになった女子部員は赤丸の支柱部分に

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=360&exp=10800


5月上旬、札幌市豊平区の学校外のグラウンドで、札幌新陽高校の女子硬式野球部員が練習の準備中、倒れたバッティングケージの下敷きになり、意識不明になった事故から7か月余り…15日午後、高校が設置した第三者委員会の調査結果が公表されました。

 札幌新陽高校によりますと、5月6日午前9時半ごろ、札幌市豊平区の札幌大学のグラウンドで、女子硬式野球部員が練習の準備中、倒れたバッティングケージの下敷きになりました。

 この事故で、バッティングケージのフレーム部分が頭部を直撃、女子部員は意識不明の重体になりました。

 当時、女子部員は他の4人と、部員だけでバッティングケージを押すなどし、移動させていました。

高さ2.9メートル、奥行6.0メートル、幅2.5メートル

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

 倒れたバッティングケージは、高さ2.9メートル、奥行6.0メートル、幅2.5メートル、金属製の支柱にネットを張った構造で、車輪が付いていました。

 札幌新陽高校の女子硬式野球部は、去年夏の全国大会にも出場した強豪ですが、このグラウンドの使用は当日、初めてでした。


 この事故を受け、札幌新陽高校は原因究明と再発防止に向けて、弁護士やスポーツ新聞の元社長ら、7人の有識者による第三者委員会を設置…その調査結果を15日午後、下記のように公表しました。

ケージが転倒した際の生徒の位置

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

 ・コの字型で安定のケージが一直線になったため、倒れた
・一直線になった原因は不明
・意識不明の女子部員は画像の赤丸の位置に立つ
・フレーム部分が頭部を直撃

転倒したケージの車輪

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

 ・動きの悪い車輪はあったが、直接の原因ではないとみられる
・顧問3人の意思疎通、安全管理体制が不足
・ケージの移動は生徒任せ
・顧問①は三塁側ベンチ横で球場管理人とマシンの使用など協議
・顧問②と③は二塁ベース後方で水たまりの水抜き
・初めて使用のグラウンド
・生徒と一緒に運ぶ、そばで声かけで防げた可能性あり
・顧問側は、部員にケージの転倒が生命、身体に害を与える危険なことを伝えていない

記者の身長は177センチ、下敷きになった女子部員は赤丸の支柱部分に

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=360&exp=1080

 その上で、第三者委員会は再発防止に向けて、下記の提言を行っています。

・女子野球部による重い衝立型ケージ(目安300キロ超)の使用を当面禁止
・ケージに関する安全教育の徹底
・顧問の役割分担、責任の範囲の明確化

 さらに、第三者委員会は、高校野球関係者に対し「二度と同様の事故を起こさせないという決意をもって、各校の監督・部長を指導していかなければならない」と指摘しました。

会見した札幌新陽高校の赤司展子・校長は、女子部員は今も入院、治療中と説明

 下敷きとなった女子部員は、事故から7か月余り経った今も入院中で、治療を続けているということです。

12/15(金) 13:39配信 北海道放送
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9d2617befd660a430eacea9adc52339ce5838bc

【【悲報】女子野球部員が倒れた打撃ケージの下敷き】の続きを読む